スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキルについて3

前回からちょっとあいちゃいましたね。

最近ぷそ熱が冷め気味だったから…
まぁアルチ来るまでの辛抱。

さて、本題。
以前の続きで残りのスキルツリーに関して書いていきましょう。

順番的にはFiやGuなんですが…

この子たちはいろいろ問題があるので後回しに…

今回はブレイバーツリーについてです。

ブレイバーツリーはEP2とほとんど変わりなく、カタナ、弓、アベレージ、ウィークときれいに分かれていてすごく振りやすいです。

特に迷うところはないと思いますが、
・カタナ+アベレージ
・弓+ウィーク
のどちらかが扱いやすいです。

また、ウィークスタンスは弱点属性のテクニックによるダメージにも乗るので、Foのサブとしても相性がいいです。
さらにEP3にてアタックアドバンスが追加され、殴りTeのサブとしての運用も現実的になりましたね。

でも悪く言えばそれしかできないので個性を出すには難しいツリーだとも言えます。

以下サンプル。
カタナツリー
結構ポイントが余ってるので、打撃力アップやアタックアドバンスで火力を延ばしたり、ステアドやリバーサルカバーに振るのがいいでしょう。

弓ツリー
こっちは全部振ろうと思うとポイントかつかつですが要らない部分を削ればちょっとは余裕が出ます。
特にラピシュはレベルによって大差はないので前提の3振りでもいいかと思います。(発動してから最大の3連射になるまでの時間がちょっとかかるくらい。ラピシュマスタリー取ってPA主体で行けばほぼ問題なし)

カタナ弓両立ツリー
無理やり両立させたツリー。正直使いにくいです。特にこのツリーで弓を使うと弓特化よりもかなりダメージが落ちてしまいます。(まぁサブの違いもあるのですが…)

カタナのサブはHuが使いやすいです。
弓のサブはRaが相性いいです。

最近ではFi/Brのカタナもいるようですね。
EP2後半(シュンラン期)でかなり猛威を振るったカタナですが弱体され、さらにEP3にてほぼ一択だったサブのヒューリーツリーが弱体化、他PAは強化されたけどシュンラン、ハトウなどの主流だったPAは据え置き(=実質の弱体化)なので世間の評価は低いですが、カンラン、サクラエンド強化されており、今でも全然戦えます。
特にサクラエンドはBr/Huで火力特化にすれば非弱点にも1万以上×2とか出せます。消費PPも軽いのでかなり使い勝手がいいです。


続いてバウンサーツリーについて
EP3にて新しく追加された職であり打撃と法撃を扱える。
DBを装備した状態でもテクニックを使うことができるのでゾンディールしながら近接攻撃ができるのがいいですね。

ツリーはDB、ブーツ、スタンス関連とEP3フォーマットなので振りやすいです。
しかし、スタンスは弱点属性の攻撃にのみ適用されるエレメンタルスタンスと、部位破壊可能箇所にのみ適用されるブレイクスタンスとどちらのスタンスも若干使いにくいです。その上、上昇率も低い

特筆するスキルはフィールド系とクラフトマスタリーかな。
フィールド系スキルは、サブパレットに登録して発動。発動後は一定期間自身の周りに特殊効果を持ったフィールドを展開、自身はもちろんそのフィールド内にいる他プレイヤーも特殊効果を受けられます。
ただし、同名のフィールドの効果は重複しない。自分のクリティカルフィールドと他プレイヤーのクリティカルフィールドは重複しないってことです。名前が違うフィールドは重複します。クリティカルフィールドとエレメンタルPPフィールドは同時に発動してもおkってことです。

クラフトマスタリーはクラフトした武器やユニットの攻撃力や防御力を上げる効果がある。10振で10%上がります。
ここで言う攻撃力とは打撃力、射撃力、法撃力の3種類。防御力は打撃防御、射撃防御、法撃防御の3種類です。
クラフトマスタリーの効果はその武器やユニットがもつクラフト後のもともと攻撃力や防御力にのみ適用されます。
たとえば、クラフトした打撃力1060の武器があるとします。特殊能力はクォーツソールとパワーⅢの2sで打撃力が+60されています。クラフトマスタリーを10振りするともともとの打撃力が10%上がるので、1000の10%の100上がって、打撃力1160の武器になります。(武器の表示上は1060のまま。ステータスの打撃力に反映されてます。)また、武器にかかるスキルなので、シフタなどには乗りません。
ユニットも同様です。
最終Lvでクラフトしていればクラフトマスタリー10振で攻撃力は約100、防御力も3部位合計で約100上がります。
クラフトしていない武器やユニットには全く効果がないですが、クラフトさえしていればその効果はかなり大きいです。

特にユニットに関して、
ユニットのクラフトはHPやPP、耐性が書き換わってしまうので使いにくいですが、このクラフトマスタリーは時限インストールでも適用されます。
サイキなどの耐性や隠しパラメータが優秀なユニットも効果を変えることなくクラフトマスタリーを適用することができます。ただし、時限インストールをするとオーナー登録され、取引ができなくなるのでそこは注意です。
また、時限インストールの期間を過ぎてもクラフトされたユニットと判定されるので期限切れのユニットでもクラフトマスタリーが乗ります。

ではではサンプルをどうぞ
DBツリー
DB主体のスリーです。SPがかなり余ってるので打撃力アップとかクラフトマスタリー、スタンスクリティカルに振るといいでしょう。フォトンブレードがあるとPP回収は容易なのでPP関連は振らなくても問題ないと思います。

ブーツツリー
こちらもエレメンタルスタンスですが、ブーツはギアを取ってれば属性の書き換えができるので属性別の武器を揃える手間が無いです。こちらも法撃力アップや、クラフトマスタリー、スタンスクリティカルに振るといいです。また、DBと比べるとPP回収が若干悪いのでPP系スキルに振るのもいいでしょう。

DBブーツ両立ツリー
とりあえず両立してみたツリー。スイッチストライクの関係でメイン限定ですが。

そういえばスイッチストライクも説明せねば…
スイッチストライクはブーツのダメージ判定を法撃力から打撃力に変更するメインクラス限定スキル。

攻撃は依存と属性があります。
依存とはステータスの何に依存するのか、属性はその攻撃の種類(炎や氷などの属性ではない)です。
もっと詳しく話すと
依存は打撃力、射撃力、法撃力の3種類に分かれています。
属性は打撃、射撃、法撃の3種類に分かれています。

基本的には打撃力依存の打撃攻撃、射撃力依存の射撃攻撃、法撃力依存の法撃攻撃のように前後が同じなのですが、打撃攻撃のみ依存が違う場合があります。

・射撃力依存の打撃攻撃
TMGのリバースタップなどの打撃PA、弓のカミカゼなど。
打撃攻撃なのでHS(ヘッドショット)やRaのスキルのWHA(ウィークヒットアドバンス)はのりません。
・法撃力依存の打撃攻撃
ウォンドの法撃爆発やブーツの通常攻撃やPAなど。
打撃攻撃なのでヒューリースタンスがのります。

これを踏まえればスイッチストライクの注意点がわかるはず…
ブーツはテクニックを使うことができますが、通常攻撃やPAは法撃力依存の打撃攻撃です。
スイッチストライクはこの法撃力依存を打撃力依存にするスキルですので、これを取らないとヒューリースタンスが乗らないということはないです。つまりこのスキルを取らずともヒューリースタンスはのるってことです。
ブーツは打撃力と法撃力のパラメータを持っていますが、ほとんどが打撃力<法撃力なのでこのスキルを取るメリットはほとんどないです。

じゃあどういうときにとるのか?
それは主にユニットの打撃力が高いときです。ブーツを装備してステータス画面を見て打撃力>法撃力のときはこのスキルを取る意味がありますが、打撃力<法撃力ならデメリットとなってしまいます。
DBとの両立だと意味が出てきますがブーツのみだとほぼ意味がないですね。

以下組み合わせサンプル
Fi/Bo DBツリー
クリスト、スタンスクリティカル、クリティカルFで95%の確率でクリティカルを出せるのでクラフト武器のデメリットを消しつつクラフトマスタリーで通常の武器よりも高いダメージを出すことができます。

Te/Bo 支援特化ツリー
ブーツPAの派生をメインに、戦いながらシフタやデバンドを撒きながら味方を支援します。

このようにバウンサーにはメイン限定のスキルが少ないので他のクラスをメインにする方がダメージを延ばしたり、クラフトマスタリーのようなバウンサーの特性を生かしやすいです。
そのせいもあって、現在、ハンタークラス追加、ファイタークラス追加、テクタークラス追加のアイテムが高騰しています。


あ、もう一つ言わなきゃならないことが…
バウンサー(DBとブーツ)のステップはミラージュステップという他の武器のステップとは違う特殊なステップだそうです。
バウンサースキルのステップアドバンスはこのミラージュステップにのみ適用されるので他の武器を持った際には適用されないらしいので注意です。(wiki情報)
しかし、他のクラスのステップアドバンスはなぜかDBやブーツに適用されるのでできる限り他のクラスでステップアドバンスを取った方がいいでしょう。


今回も長くなってしまった…

FiとGuも長くなるのかなー
Teも結構話すことあるような気もするし…

はたして全クラスのスキルを書ききることは出来るのか…


【追記】
ブレイクスタンスについて眠くて書くの忘れてました。

ブレイクスタンスは部位破壊可能部位に効果があります。
しかし部位破壊後の部位は適用外。
ただし、ダメージ蓄積でダウンする部位(ヴォルの顔やクォーツの破壊後の角など)にも効果があるようです。
こういった部位は龍族のボスに多くみられるためそいつらには有効なスキルと言えますが、部位破壊がないボスがいたり、そもそも部位破壊より弱点を狙う方がいいということからこれを取る人は少ない傾向にあります。
ニレンオロチという☆12の武器はこのブレイクスタンスのダメージが30~60%も伸びる潜在なので持っているならぜひ振りたいスキルですね。

そもそもニレンオロチなんて出ないんですけどね。

出ないんですけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はっ。Bo用のTeツリー追加しないとだった・・・!

No title

>>えどたん
多々買わねば…
プロフィール

覇夢太狼

Author:覇夢太狼
覇夢太狼のゲームブログです。
PSO2:休止中
乖離性MA:プレイ中
遊戯王TFSP:プレイ中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。